アストラインプラントの抜歯窩埋入

オペログ インプラント症例集

2010/06/23 アストラインプラントの抜歯窩埋入


今日の症例は、2か月前に抜歯した下顎5番部位に、アストラテックΦ4.5ST11mmを埋入しました。 抜歯窩は、写真のように完全に治癒していませんので、今後変化してくることが予想されますが、最終的にどの程度上がってくるのかの予測が立ちにくい症例です。 ですから、一応骨縁に埋入しておいて、骨が上がってきたらプラットフォームシフトのアバットメントのカフの長さでマージンの高さを調整できるアストラテックは使用しやすいです。 切開から埋入まで、写真を撮ってもらいながらのオペでしたが、20分弱で終了しました。 DSC_4434 埋入前の歯槽堤の形態です。頬舌側の骨縁も高さが低いので、あまり上がってこないかも知れませんね。 DSC_4439 近遠心の骨縁にプラットフォームを合わせています。 P4 術後のパノラマです。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら