ストローマンティッシュレベル抜歯窩埋入

オペログ インプラント症例集

2010/06/08 ストローマンティッシュレベル抜歯窩埋入


今日の症例は、私が10年ほど前に全顎的な歯周病の治療と全体の噛み合わせ治療をした患者さんです。 右下6番が歯根破折で抜歯となり、8週間後にインプラントを埋入しました。 使用したのは、ストローマンンWN10mmです。 抜歯窩のため、今後歯槽骨の形態が変化(埋まってくる)するので、それを見越した埋入深度の決定が重要です。 3か月後にオクタアバットメントでスクリュー固定の上部構造を入れます。 001 初期固定は十分に取れました。 002

右上5番は、昨年同様に歯根破折でインプラントに替わっています。


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら