下顎67EBI+strarumann healing abutment

オペログ インプラント症例集

2009/05/25 下顎67EBI+strarumann healing abutment


久々に下顎遊離端欠損の骨量が豊富な症例でしたが、角化歯肉の幅が3mmでした。 慎重に慎重に切開線を入れて正確に1.5mmずつを頬舌側に配分しました。 EBIインプラントの4.8mmスタンダードプラットフォームを2本埋入しましたが、粘膜の厚みが少ないため、プラットフフォームシフトができません。 それで、アバットメントはストローマンのものを使用することにして、ヒーリングアバットメントもストローマンのものを使いました。 骨質がクラス4でしたが、35N↑で固定できました。これは、EBIインプラントネック部分のマイクロスレッドの恩恵だと思います。 高岡1 骨は十分ですが、歯茎が足りない((+_+)) 高岡2 オペ時間は約20分、普通に終了しました。(*^^)v

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら