EBI上顎抜歯即時埋入自家骨補填

オペログ インプラント症例集

2009/05/22 EBI上顎抜歯即時埋入自家骨補填


今日のオペは、上顎の4,7番の残根を抜歯し、4番部位に即時埋入、6番部位に成熟側埋入を行いました。 補綴は4,6支台のブリッジとします。 4 番の歯根が大きくて、かなりの量のインプラントと頬側骨壁との隙間HDD(Horizontal defect diameter)が生じましたが、幸い周囲に豊富な骨がありましたので、ボーンスクレイパーにて採取した骨を填塞しました。周囲骨のボリュームが減少す ることで、抜歯窩も軟組織でほぼ被覆することができました。 このとき、頬側の薄い骨をすこしスウェージングしてあげると1次閉鎖がさらに容易になります。 横田1 4番部位の頬側に大きく開いたHDD。 横田2 周囲骨の填塞とスウェージング。 横田3 大きな抜歯窩も軟組織でカバー終了です。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら