上顎に抜歯窩残存ケース

オペログ インプラント症例集

2009/05/15 上顎に抜歯窩残存ケース


今日の上顎ソケットリフトは、既存骨が最低でも5mmありましたので、イージーケースと思っていたところ、フラップを開けてみると6番相当部に大きな穴が開いていました。 抜歯窩に軟組織が迷入し上顎洞底粘膜とつながった状態で安定してしまったのでしょう。 穴の直径は約4mmで、インプラントプローブをそっと挿入すると骨はなく、シュナイダー膜に触れる感じで、柔らかい弾力を感じました。 埋入予定位置より1.5mmほど後ろのところに開いていましたが、しょうがないのでこの穴に補てん剤を詰め込んでシュナイダー膜を挙上し、予定通りのEBIワイドボディー11mmを埋入しました。 7番部位は、9mmの骨高径がありましたので、同じくソケットリフトで11mmを埋入しました。 抜歯窩 ぽっかり空いた歯槽頂の穴 斎藤術前 術前のパノラマでは、まったく予想できません。 しかし、CTを取っていたとしてもすることは同じでしょうね。 斎藤術後 フィクスチャー周りに骨補てん剤の密度が少ないようですが、たぶん軟組織のイレギュラーな厚みのせいでしょう。 骨に置換されるまでレントゲンの追跡をしてみます。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら