上顎リカバリーケース

オペログ インプラント症例集

2009/05/12 上顎リカバリーケース


今日のオペは上顎67番部位で、今年の初めにチタンサーフェスでソケットリフトで埋入し、補綴したケースが骨統合が喪失してしまい、インプラントごと除去したケースのリカバリーです。 除去後2か月半で再度、ソケットリフトでHAサーフェスインプラントを埋入しました。 既存骨の厚みは2~3mmですので、まったくドリルを使用せずにオステオトームだけで補てん剤を詰め込んでいきます。 補てん剤だけで十分シュナイダー膜が挙上されてから8mmのインプラントを2本埋入しました。 初期固定は当然まったくと言ってよいほどありませんでしたので、骨膜切開にて完全埋入縫合を行っています。 4か月で2次オペを行い、5ヶ月後に補綴予定です。 それなら、はじめからHAインプラントを使用すれば良かったのですが、メーカーの将来性とやらエビデンスとやら、、いろいろありますので難しいのです、はい。 原術後 原増美術前デンタル 原増美術後デンタル

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら