抜歯窩インプラントの傾斜埋入

オペログ インプラント症例集

2010/06/02 抜歯窩インプラントの傾斜埋入


今日は、EBIのRN4.1Φ9mmを左下6,7部位に2本埋入しました。 7番部位は、抜歯後3か月程度経過していますが、抜歯窩が残存しているため、ソケットの側壁に傾斜埋入しました。 これにより、GBRを回避し、十分な初期固定が得られました。 上部構造は、7番にはアングルドアバットメントを使用して、連結のクラウンとなります。 DSC_4157 7番部位に傾斜埋入しています。 P3 左下6,7番部位にRN4.Φ9mmを埋入しました。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら