ストローマンボーンレベル+GBR

オペログ インプラント症例集

2010/05/12 ストローマンボーンレベル+GBR


上顎2番部位にボーンレベルインプラントを埋入しました。 唇側の骨がやや欠損していますので、2mmほど唇側のフィクスチャーを露出させた深度で、唇側のみゼノグラフトでGBRしました。 ボーンレベルの埋入で気を付けるのは、90度ごとにレーザーマーキングしてある白いラインを必ず、唇側に向けることです。 ティッシュレベルインプラントでお馴染みのインターナルオクタの8角形ではなく、クロスフィットと呼ばれる4角形の回転防止機構を採用しています。 そして、上部構造をアナトミックアバットメントという左右前後の非対称形のものを使用して製作する場合、このことが使用できる条件になります。 002 唇側にやや陥凹が見られます。 009 埋入終了時のレーザーマーキングの白いラインに注目。 011 コラーゲン膜にて、GBRしています。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら