ストローマンボーンレベル

ストローマンボーンレベル+GBR

上顎2番部位にボーンレベルインプラントを埋入しました。 唇側の骨がやや欠損していますので、2mmほど唇側のフィクスチャーを露出させた深度で、唇側のみゼノグラフトでGBRしました。 ボーンレベルの埋入で気を付けるのは、90度ごとにレーザーマーキングしてある白いラインを必ず、唇側に向けることです。 ティッシュレベルインプラントでお馴染みのインターナルオクタの8角形ではなく、クロスフィットと呼ばれる4角形の回転防止機構を採用しています。 そして、上部構造をアナトミックアバットメントという左右前後の非対称形のものを使用して製作する場合、このことが使用できる条件になります。 002 唇側にやや陥凹が見られます。 009 埋入終了時のレーザーマーキングの白いラインに注目。 011 コラーゲン膜にて、GBRしています。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556