骨薄いケースのサイナスリ

骨薄いケースのサイナスリフト同時法

上顎の奥歯の部分は、上顎洞が下に下がっていてインプラントに十分な骨があることが少ないです。

通常は骨の厚みが5㎜以下の場合は、まず増骨の手術をして、骨が固まる5か月後にインプラントの埋入を行い、さらに3か月待時して補綴(義歯を作成)を行うというのが、一般的です。

ですから、そこに悪い歯が有り抜歯から始めるとなると、10か月以上の期間が必要になります。

しかし、ストローマンインプラントのSLActiveサーフェイスで初期固定を十分にとることが出来れば、増骨の手術とインプラントを同時に埋入して、4か月待時して補綴を行いことが出来ます。

そのケースを一つご紹介します。

上顎の骨の厚みが2㎜程度しかない症例です。

ストローマンBLT4.8mm×10mmをサイナスリフトと同時法(サイマルティーニアステクニック)で埋入しました。

補綴が終わったところのレントゲン画像です。

フルジルコニアのスクリュー固定の義歯です。

治療終了後の口腔内画像です。治療開始から補綴まで4か月半です。治療期間が約1/2に短縮できました。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556