大きな抜歯窩へのインプラ

大きな抜歯窩へのインプラント

下顎の6,7番部位に2本のインプラントを埋入しました。 6番部位は、通常に11.5mmのインプラントを埋入しましたが、 7番部位は、歯根破折の慢性炎症が持続した後の抜歯のため、抜歯窩がかなり大きいです。 下顎管までソケット底部から8mmありましたので、5mmほどドリリングしワイドダイアメーターのHAサーフェイスを埋入しました。 周囲には、血餅維持のため周囲から採取した自家骨を填入しました。 インプラントをしない場合の最終的な歯槽堤の形態を予測し、その高さにプラットフォームが位置するように埋入深度を決定するのが、テクニックといえば言えるかも知れまえんね。 7番は完全埋入、6番は半埋入の形です。 4か月後に2次オペ予定です。 DSC_3585 とっても大きな抜歯窩が存在します。 DSC_3586 自家骨を移植し、5.0ΦHAインプラントを埋入します。 DSC_3589 このような欠損形態であれば、埋入時に骨がなくても、これで簡単に低侵襲のインプラントが終了します。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556