大きな抜歯窩へのインプラント

オペログ インプラント症例集

2010/04/08 大きな抜歯窩へのインプラント


下顎の6,7番部位に2本のインプラントを埋入しました。 6番部位は、通常に11.5mmのインプラントを埋入しましたが、 7番部位は、歯根破折の慢性炎症が持続した後の抜歯のため、抜歯窩がかなり大きいです。 下顎管までソケット底部から8mmありましたので、5mmほどドリリングしワイドダイアメーターのHAサーフェイスを埋入しました。 周囲には、血餅維持のため周囲から採取した自家骨を填入しました。 インプラントをしない場合の最終的な歯槽堤の形態を予測し、その高さにプラットフォームが位置するように埋入深度を決定するのが、テクニックといえば言えるかも知れまえんね。 7番は完全埋入、6番は半埋入の形です。 4か月後に2次オペ予定です。 DSC_3585 とっても大きな抜歯窩が存在します。 DSC_3586 自家骨を移植し、5.0ΦHAインプラントを埋入します。 DSC_3589 このような欠損形態であれば、埋入時に骨がなくても、これで簡単に低侵襲のインプラントが終了します。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら