ストローマンBLTで、サ

ストローマンBLTで、サイナスリフト1回法埋入!

上顎の奥歯の領域では、多くの場合は十分な量の骨がありません。

骨の厚みが5mm以上あれば、インプラントの埋入と同時に骨の材料を填入するソケットリフトという方法で手術できます。

しかし、5mm以下の場合はステージドアプローチという、まずは増骨の手術を行い、骨ができるまで5か月ほど待ち、その後にインプラントを埋入するという2段階の手術を行うのが一般的です。

しかし、現在の最新の表面性状であるSLActiveインプラントを使用することで、インプラントの埋入と同時の増骨でもインプラントは成功します。

また、BLTインプラントを使用することで、初期固定も獲得できればヒーリングアバットも装着して、一回のオペで補綴まで行くことができます。

当医院では、極力患者様に痛みや苦痛を伴わずに(低侵襲に)インプラントの治療を提供できるように努めています。

向かって右上の奥歯の領域に2本のインプラントを計画します。

 

術前のCTのプランニングですが、2番目のインプラントを埋入する予定場所の骨の厚みは3mm程度しかありません。

 

増骨に使用するbi0-ossと自己血の混和材です。

 

上顎洞の側面から窓開け(ウィンドテクニック)して、骨補てん材を填入すると同時にインプラントも埋入しました。

 

初期固定が取りやすいというBLTインプラントの特徴により、50N(ニュートン/cm)のトルクをかけて埋入出来ました。

 

  

 

 

 

 

埋入後のCTです。術後の腫れや痛みもほとんどありませんでした。

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556