Zimmer でソケットリフト

オペログ インプラント症例集

2010/04/07 Zimmer でソケットリフト


先月のケースですが、上顎4番通常埋入と6番のソケットリフトのケースです。 4番部位の歯槽骨が頬側に陥凹を持っていましたので、やや舌側寄りの埋入ポジションとなっています。 6番部位は、βTCPとHAの混合材でリフトしています。 レントゲンでわかるように、5mmの既存骨に対して、8mmのリフトをしています。 Φ5mmで10mmのHAサーフェイスのZimmer スプラインです。 上顎洞への落ち込み防止用のヒーリングキャップを装着するのが大切です。 チタンサーフェイスに比べ1か月ほど早く加重をかけられますので、この方法をよく使用します。 003 ドリリングなしでオステオトームしていきます。 004 ヒーリングキャップもソケット用です。 005 補てん材は十分に入っています!

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら