ストローマンBLTインプ

ストローマンBLTインプラントでAll On 4 ーその1(診断からガイド作成まで)

今回の症例は、上顎の歯がそれも動揺が強く保存できず保険治療では総義歯になるケースです。

患者様は、入れ歯ではなくインプラントを用いて固定式の歯で治療を希望されました。

奥歯の領域には十分な骨がなく、前歯の領域には長いインプラントを埋入できる十分な既存骨がありましたので、4本のインプラントで12本の歯を支えるオールオン4という治療法を提案しました。

元々はポルトガルの歯科医Dr. Paulo Maloが開発し、ノーベルインプラントを使ってなされている治療法ですが、ストローマンインプラントにおいてもBLT(ボーンレベルテーパード)インプラント+SRA(スクリューリテインアバットメント)がラインナップされたことにより、可能になりました。

当医院では、以前からノーベルインプラントを使用したオールオン4を行っていましたが、より骨との結合力が強いSLAの表面性状と強度に優れたストローマンインプラントが使用できることで、より安心して提供できるようになったと思います。

 

 

 

 

 

保存不可能は歯を抜歯して歯茎が治るまで、右上の奥歯1本は残して、仮歯の支えに使いました。

 

インプラントの埋入に先立ってスキャンステント(ラジオグラフィックガイド)を使用してCTを撮影します。

   

 

 

 

 

CTの3次元画像上でインプラントの埋入ポジションを決定します。

スキャンステントをCTデータをドイツのシーキャット社へ送付して、サージカルガイドを製作してもらい手術(ガイデッドサージェリー)に備えます。

 

 

 

 

 

シーキャット社から送り返された、All on 4用のサージカルガイドです。

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556