ストローマンBLTの抜歯

ストローマンBLTの抜歯早期埋入

  下顎の6番部位の抜歯から2か月後の早期にストローマンBLTのロキソリッドSLActive Φ4.8×10mmを埋入して補綴が完了しました。

埋入のオペは、抜歯窩が完全に均一に化骨していないために、骨の固さに差がありきちんと中央にドリリングするのにはコツがあります。

使用したインプラントはBLTなので、テーパードのドリルを使用するために、埋入位置のコントロールがしやすくてうまくいきやすいです。

埋入から2か月で印象を行い、スクリューリテインのモノリシックジルコニア(ジルコニア単体)クラウンを装着しました。

インプラントの治療も昔に比べると、本当に楽になりましたね。

 

松雪planning

 

 

 

 

 

術前のCTですが、近遠心に誘導されないように歯槽中隔中央にきっちりと埋入しなくてはなりません。

 

DSC_2913

 

 

 

 

 

 

治療前の状態です。

DSC_2916

 

 

 

 

 

 

使用したインプラントはストローマンBLT SLActive 4.8Φ10mmです。

 

DSC_2915

 

 

 

 

 

 

ボーンタップもきちんと使用します。

 

松雪_胆20170204_25316

 

 

 

 

オペ後のレントゲンですが、理想的な位置に入っています。

 

 

DSC_5234

 

 

 

 

 

 

スクリュー固定のジルコニアクラウンです。

 

DSC_5243

 

 

補綴終了時です。

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556