下顎臼歯部にGBR後のインプラント埋入から補綴完了!

オペログ インプラント症例集

2017/05/13 下顎臼歯部にGBR後のインプラント埋入から補綴完了!


no

下顎左側の臼歯部に2本のインプラントを希望してこられた患者様です。

レントゲンでわかるように歯槽骨が大きく陥凹していて、必要な骨の高さが全く足りません。

そこでステージドアプローチのGBR(事前に行う増骨手術)を行い、そののちにインプラントを埋入しました。

GBRは、骨補てん材と自家骨にエムドゲインを混和して非吸収性膜で被覆の日に完全埋入しました。

GBRから5か月後に膜除去と同時にストローマンBLΦ4.8mm×10を2本埋入しました。

補綴はモノリシックジルコニア(ジルコニア単体)を連結にしてスクリュー固定としました。

プラークが付着しやすい余剰セメントのリスクがなく、インプラント周囲炎になりにくい構造としています。

 

松雪_誉20160712_22716

 

 

 

 

 

治療前のレントゲン写真ですが、向かって右下に2本の歯が欠損して、歯槽骨も陥凹しています。

 

DSC_2843

 

 

 

 

 

 

GBRに用いたd-PTFEメンブレンを除去しました。

DSC_2848

 

 

 

 

 

 

ストローマンBLT4.1Φ10mmを2本埋入しました。

 

松雪_誉20170131_25241

 

 

 

 

 

埋入後のレントゲンです。

 

DSC_4436

 

 

 

 

 

 

最終補綴のモノリシックジルコニアのスクリューリテインです。

 

 

DSC_4439

 

 

 

 

 

 

口腔内に入ったところです。

 

松雪_誉20170425_26660

 

 

 

 

 

 

 

治療後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら