歯列矯正とインプラントで先天性欠損に対応

オペログ インプラント症例集

2017/01/25 歯列矯正とインプラントで先天性欠損に対応


 かなり長くかかった患者様の治療が完了しました!

上顎側切歯が先天的に欠損していて、犬歯が側切歯の位置に萌出し、左側には乳歯が残存していて上顎前歯部が全体的に空隙がみられます。

40歳まで口元を見せずに生活してこられたのですが、患者さんのご紹介で当医院にご相談に来られました。

矯正とインプラントの併用で歯列を改善できることをお話ししたところ、ぜひ治療を受けてみたいとのことでした。

犬歯を遠心へ移動させ、側切歯の部位にインプラントができるだけのスペースを作るのですが、犬歯は最も歯根が長くて太いために所定の位置へ動かすのに大変でしたが、矯正用インプラントの力も借りて、何とかスペースを作ることができました。

スペースは約5mmと最小限必要な6mmに対して両側で0.5mmずつ不足しましたが、ピンポイントの埋入で何とか側切歯を入れることができました。

術後の状態には大変満足され、自信を持って笑うことができると喜んでいただきました!

 

004治療前の状態ですが、上の前歯がすきっぱで、向かって右上に乳歯が残っています。

 

 

 

 

 

 

003上の歯並びの矯正を開始します。真ん中の2本の中切歯は向かって右の方へ動かしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

002向かって右の犬歯は固定源に矯正用インプラントを用いて、後ろの方へ引っ張ります。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2559側切歯のスペースができて、インプラントの埋入が終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2565見た目には天然の歯と見分けがつかないと思いますが、真ん中から2番目の歯は左右ともインプラントで支持されたジルコニアポーセレンの歯です。ホワイトニングもされたので、とてもきれいになりましたね!

 

 

 

 

 

 

水町_農20170114_25017水町_農20170114_25016治療後のレントゲンです。隣の歯にぶつからない様にインプラントの埋入ができています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら