大臼歯部にストローマンBL4.1Φ12mmロキソリッド埋入

オペログ インプラント症例集

2017/01/20 大臼歯部にストローマンBL4.1Φ12mmロキソリッド埋入


左下の6番部位にストローマンSLActiveロキソリッド4.1Φ12mmを埋入しました。

術前のCTで皮質骨が厚いものの海綿骨はClass Ⅳで柔らかいのがわかります。

両側の皮質骨で固定してなるべく長いインプラントを使用します。

大臼歯の単独補綴で咬合力がかなりかかる部位ですが、チタンジルコニア合金素材のロキソリッドであれば問題ないと思います。

この方は、上下左右にインプラントが必要でしたが、今日の4回目のオペで終了しました。

あとは、2か月後には全体の補綴作業に移っていきます。

 

無題術前のCTで骨の厚みと質を確認しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2622近遠心的な埋入のポジションだけは慎重に設定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2623使用した、ストローマンボーンレベルインプラントSLActiveロキソリッド RC4,1Φ12mmです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2624インプラントの埋入中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

蓑毛_祇20170119_25095術後のレントゲンです。良い位置に入りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら