抜歯後の欠損に対して、同

抜歯後の欠損に対して、同時法のGBRにてボーンレベルテーパード埋入

この症例は、抜歯後の顎堤が極度に吸収して、インプラントを支持する骨が足りなかったケースです。

事前のCTにて、骨の状態は確認できていましたので、インプラントの先の方だけでも初期固定が得られやすい、ストローマンボーンレベルテーパードインプラントを使用しました。

インプラント周囲の欠損部には吸収の少ないBi0-ossを使用しました。

極力手術回数が少なく、痛み腫れの出にくい方法でインプラント治療を行うということに主眼を置いていますので、このようなケースも1回のオペでインプラントの手術が終わります。

オペ後は、特に痛みも腫れも出ずにすみました。

 

DSC_4227歯槽頂が見るからに陥凹しています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4231ストローマンのロキソリッドSLActive BoneLevel Tapered4.1Φ12mm使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4235バイオスでGBRします。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4236バイオガイドで被覆します。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4237完全埋入でオペ終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556