2~3mmの既存骨でソケ

2~3mmの既存骨でソケットリフトと同時のインプラント埋入

  右上の4,6番部位に、2本のストローマンインプラントを埋入しました。

この方は、2週間ほど前に左側の4,6部位に同じように2本のインプラント手術をうけておられますので、2回目のオペとなります。

上顎なので、BLT(ボーンレベルテーパード)を使用して、初期固定をより高めます。

6番部位の既存骨は厚みが2~3mmでしたが、表面性状はSLActiveですので、β-TCPを補てん材としてソケットリフトの同時法で埋入しました。

5mm以下の厚みでも、ステージドアプローチを用いずにインプラントが可能であれば患者さんにとっては大変メリットがあります。

今まででしたら、2回法のサイナスリフトという方法で侵襲の大きなオペを行い、5か月後に再度インプラントの埋入手術が必要でした。

もちろん術後の腫れや痛みもほとんどありませんので、術者側のストレスも軽減しますね。

 

DSC_2151

 

 

 

 

 

 

4,6番を平行性気を付けて埋入します。

 

 

DSC_2155

 

 

 

 

 

 

 

6番部位はソケットリフトでシンプルに上顎洞底を挙上します。

 

 

  DSC_2156

 

 

 

 

 

 

 

ストローマンBL SLActive roxolidの4.1Φ×10mm と4.8Φ×10mmを埋入します。

 

 

蓑毛_祇20161122_24370

 

 

 

 

 

初期固定もきちんととれたので、1回法にて終了しました。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556