中切歯のGBRと同時のインプラント埋入

オペログ インプラント症例集

2016/11/12 中切歯のGBRと同時のインプラント埋入


左側(向かって右側)中切歯の根っこが割れて、歯ぐきに炎症が起こっていました。

このような場合、抜歯しなくてはなりませんが、抜歯した後の歯槽骨(インプラントを支える骨)は、吸収がおこり厚みが薄くなります。

インプラントを埋入した時に、骨からはみ出してしまうことが多いです。

このケースも裂開がありましたので、ボーンチップとBi0-ossとBio-guideでインプラント埋入と同時法のGBR(骨造成)を行いました。

切開線は、審美領域から外して犬歯の遠心に設定し、三角弁にてフラップをあけました。

使用したインプラントはストローマンBLT4.1Φ12mmで、しっかりと固定できました。

3か月後に2次オペを行い、4か月後に補綴予定です。

 

DSC_1248

 

 

 

 

 

 

向かって右の中切歯が歯根破折しています。

 

DSC_2027

 

 

 

 

 

 

抜歯から10週後の抜歯窩の状態です。

 

DSC_2034

 

 

 

 

 

 

インプラント埋入後に裂開が生じました。

 

DSC_2037

 

 

 

 

 

 

フィクスチャー表面に自家骨、その上にDBBMでカバーします。

 

DSC_2038

 

 

 

 

 

 

さらにバイオガイドで被覆します。

 

DSC_2042

 

 

 

 

 

 

オペ終了時の所見です。

 

脇原_誉20161111_24231

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント埋入後のレントゲンです。

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら