上顎臼歯部へティッシュレベルインプラント埋入

オペログ インプラント症例集

2016/06/01 上顎臼歯部へティッシュレベルインプラント埋入


この患者さんは、歯周病のリスクが高いのでストローマンティッシュレベルインプラントを使用しました。

ティッシュレベルインプラントは、骨縁埋入型にインプラントのようにマイクロギャップ(インプラント体とアバットメントのつなぎ目)が無いため、インプラント周囲炎のリスクが少ないです。

このケースは、上顎5,7番部位へ2本のストローマンティッシュレベルインプラントをソケットリフトで埋入しました。

5番部位の洞底の皮質骨が固くオステオトームのみでは、若木骨折できなかったので、ピエゾサージェリーを用いました。

 

DSC_6755この部位へ2本のインプラントを埋入していきます。

 

 

 

 

 

 

DSC_67667番部位は、スムーズにオステオトームテクニックでソケットリフトできました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_67655番部位は骨が固く、ピエゾの出番となりました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6770埋入終了後の状態です。

 

 

 

 

 

 

三谷_浩20160525_22064埋入後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら