左下4,5番へBLT RC 4.1Φ×10mm埋入

オペログ インプラント症例集

2016/05/17 左下4,5番へBLT RC 4.1Φ×10mm埋入


今日は、左下の小臼歯部へ2本のストローマンインプラントのボーンレベルテーパード、レギュラークロスフィット10mmを埋入しました。

上顎は、第1小臼歯から第1小臼歯までの8本を連結したブリッジで、両側遊離端の金属床の部分義歯を製作します。

上顎の咬合支持は小臼歯部までで、下顎も大臼歯までのインプラントは必要ないので左下4,5番に埋入し6番への1歯のカンチレバーポンティックのインプラントブリッジとします。

咬合支持の要件のほかにも、5番部までは十分な骨量があるものの6、7番部位においては下歯槽管までの距離が不足していて、この部位にインプラントを埋入するためには、GBRが必要となり余分な費用と治療期間がかかるという問題もあります。

 

樋口術前

 

 

 

 

 

 

術前のCTのプランニングにて、骨密度も既存骨量も充分に存在します。

 

 

DSC_6620

 

 

 

 

 

 

術前の口腔内所見でも、5番部位までにボリュームがあるのがわかります。

 

DSC_6624

 

 

 

 

 

 

常に完全な平行埋入を心がけます。

 

DSC_6626

 

 

 

 

 

 

使用したフィクスチャーは、最新のBLT 形態で、素材はチタンジルコニア合金のロキソリッドで、強度も純チタンに比べて24%アップしていますので、カンチレバーの設計にも十分でしょう。

 

DSC_6629

 

 

 

 

 

 

インプラント埋入後の所見です。5番の埋入位置をやや遠心に設定して、カンチレバーブリッジの応力を分散します。

 

樋口_棒20160517_21917

 

 

 

 

 

術後のパノラマレントゲンです。6週間後に補綴物の製作にかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら