ストローマンボーンレベル

ストローマンボーンレベルSLActiveで歯槽頂のGBR

他医院にて施術してもらった左下67番部位のインプラントがインプラント周囲炎によりリカバリー不可能な状態となって当医院へ来院されました。

やむなくそのインプラントは撤去して、新たに再埋入することになりました。

術前のCTによる診査では、インプラント周囲炎のために撤去後の歯槽骨の垂直的高さが足りなくなっていましたが、インプラント埋入と同時の 歯槽頂への増骨(GBR)にて対処しました。

インプラント手術は完全埋入としていて、4か月後に2次オペを行う予定です。

 

DSC_2778

 

 

 

 

 

 

向かって右下の奥歯がインプラントですが、インプラント周囲炎でグラグラになっています。

 

DSC_2784

 

 

 

 

 

 

撤去した2本のフィクスチャーとクラウンです。

 

三島術前

 

 

 

 

 

 

プランニングソフトでシミュレーションしましたが、7番部位は下歯槽管も近く長さ8mmのショートインプラントの予定です。

 

DSC_4509

 

 

 

 

 

 

歯槽頂にGBRするために、インプラントは浅く埋入し、出血を促すためのデコルチケーションをしています。

 

DSC_4510

 

 

 

 

 

 

Bi0-ossと自家骨を混和して、歯槽の形態を整えます。

 

DSC_4511

 

 

 

 

 

 

Bi-ossとのゴールデンコンビのBio-guideを用い、十分な減張切開を加えたのちに縫合します。

 

 

三島_狙20160206_20581

 

 

 

 

埋入後のパノラマレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556