右下第2小臼歯部へボーンレベルSLActive+GBR

オペログ インプラント症例集

2016/01/28 右下第2小臼歯部へボーンレベルSLActive+GBR


      右下の5番部にストローマンボーンレベルインプラントRC4.1Φ12mmをGBRと同時の埋入を行いました。

頬側の骨が欠損していたので、骨造成が必要でしたが、この程度ならサイマルテーニアス(同時法)で可能です。

ごくごく普通に行う手術法ですので、スタッフのアシストも慣れたものですし、30分程度で終了します。

歯槽頂までバイオスを使用しているために、完全埋入の縫合を行いました。

一応3か月待時して、2次オペの予定です。

 

DSC_4326

 

 

 

 

 

 

埋入部位のCT画像ですが、頬側の骨がかなりなくなっています。

 

DSC_4315

 

 

 

 

 

 

歯肉粘膜を翻転したところです。CT画像よりも状況は悪くないです。

 

DSC_4320

 

 

 

 

 

 

ボーンレベルインプラントのロキソリッドSLAを埋入中です。

 

DSC_4322

 

 

 

 

 

 

初期固定はきっちり取れています。

 

DSC_4323

 

 

 

 

 

 

頬側の裂開部にGBR、インプラント表面に自家骨をおいて、その上にBio-ossです。

 

DSC_4324

 

 

 

 

 

 

Bi0-0ssの上にコラーゲンメンブレンをおいて、縫合します。

 

高村_柔20160128_20460

 

 

 

 

術後のパノラマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら