上顎第1大臼歯にソケットリフトでHAインプラント埋入

オペログ インプラント症例集

2016/01/14 上顎第1大臼歯にソケットリフトでHAインプラント埋入


     この患者様は、今までに他医院でインプラント治療を3~4回受けられていましたが、今回は池田歯科での初めてのインプラント治療となりました。

右上の第1大臼歯が歯根の破折で抜歯となり、そこへスプラインHAインプラントを1本埋入しました。

術前のCT画像で見る限り、ほとんど歯槽頂の骨が無く初期固定が難しいケースでしたが、うまくオペを行えばインプラント埋入と同時のソケットリフト法でうまくいくことがわかっています。

手術の後は、痛みも腫れもほとんどなく今までのインプラント手術に比べてとても楽だったとのことでした。

土器術前CT

 

 

 

 

 

 

オペ前のCT画像での埋入シミュエーションです。既存の歯槽骨はほとんどありませんが、両側が高くソケットリフトには利点のある形状でした。

 

DSC_2055

 

 

 

 

 

 

このようなケースでは、ドリルを使用するとシュナイダー膜を穿孔する危険がありますので、ピエゾサージェリーと言われる、マイクロ振動の機器で骨を削っていきます。

 

DSC_2054

 

 

 

 

 

 

その後、オステオトームテクニックを使用して、埋入を行いました。

DSC_2058

 

 

 

 

 

 

埋入直後の状況ですが、固定もある程度取れています。また、歯槽頂がフラットですので、予後も良好だと思います。

土器_契20150929_18850

 

 

 

 

術後のパノラマレントゲン写真ですが、補填材と共にうまく上顎洞粘膜が挙上されているのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら