下顎第2大臼歯部へワイドネック10mm埋入

オペログ インプラント症例集

2015/06/27 下顎第2大臼歯部へワイドネック10mm埋入


  今日のオペは、右下7番部位へストローマンワイドネックインプラントの10mmを1回法で埋入しました。

舌側の骨が陥凹しているケースのため、術後のレントゲンでは下顎管まで十分に距離がありますが、これ以上深く形成すると舌側の皮質骨を穿孔してしまうリスクのあるケースです。

しかし、ちょうど良い深さに埋入すると皮質骨で支持できるバイコルチカルフィックスにより早期負荷も可能なケースです。

表面性状はSLActiveなので、6週でosstelの数値をみて65以上であれば印象に移行していきます。

 

DSC_9864

 

 

 

 

 

 

術前の埋入部位、角化歯肉の量も充分です。

 

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舌側の皮質骨でバイコルチカルとなりそうです。

 

DSC_9865

 

 

 

 

 

 

使用したインプラントはストローマンSLActiveです。

 

DSC_9869

 

 

 

 

 

 

35N以上で初期固定が得られています。

 

DSC_9871

 

 

 

 

 

 

オペ後の状況ですが、埋入深度、角度、位置とも申し分ありません。

 

角光_神20150627_17546

 

 

 

 

術後のパノラマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら