右下4,6番部位成熟側埋入

オペログ インプラント症例集

2015/04/21 右下4,6番部位成熟側埋入


今日のオペは、下顎臼歯部の成熟側にストローマンBL4.1Φ×10mmと12mmを埋入しました。

時に難しいことは何もありませんでしたが、4番部位の歯槽頂が頬側へ斜面状に傾斜していたのでそれをマイセルとマレットで骨削除を行い、なるべくフラットな歯槽の形態となるようにしました。

初期固定も35Nとれて閣下歯肉の量も充分ですので、4週間したらオステルでインプラントの安定度を調べて6週間後に補綴が入れられたらいいと思います。

 

DSC_9090

インプラントブリッジとしますので、平行性は大事です。

 

DSC_9091

歯槽頂の骨を削除して平らにしています。

 

 

DSC_9093

 

 

 

 

 

 

 

ストローマンの親水性表面性状のSLActiveを使用していますので、血液が上がってきます。

 

 

DSC_9095

 

 

 

 

 

 

 

オペ終了後の状態です。1回法で埋入、20分ほどで終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら