上顎4番部位にボーンレベルSLActive埋入!

オペログ インプラント症例集

2015/03/31 上顎4番部位にボーンレベルSLActive埋入!


今日のオペは、抜歯から8週経過後の埋入で、抜歯早期埋入となります。

粘膜が完全に治癒しているので、フラップを展開した時に予想外の骨の欠損があったとしても、GBRで対応できますので失敗リスクの少ない埋入時期です。

抜歯窩も半分ほどは骨で満たされていましたので、十分に初期固定も取ることができました。

使用したインプラントはストローマンSLActiveですので、4週間で治癒する見込みです。

6週間後には、上部構造がセットできる予定です。

 

DSC_8630

 

 

 

 

 

 

抜歯から8週間経過した粘膜の状態です。

 

DSC_8632

 

 

 

 

 

 

深度ゲージにてドリリングの深さと近遠心的な位置を確認します。

 

DSC_8636

 

 

 

 

 

 

SLActiveを埋入中です。

 

DSC_8639

 

 

 

 

 

 

ヒーリングキャップの4mmを装着して1回法で終了しました。

 

東_祇20150331_16220

 

 

 

 

の患者様は、2回目のオペでしたので、左下にも同じSLActiveが2本入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら