straumann bone level

オペログ インプラント症例集

2009/10/07 straumann bone level


昨日に続いて、ストローマンボーンレベルの前歯部単独埋入でした。 4.1Φの14mmを使用しました。 基底部で少し裂開が起こることを想定して、長いものを使用しました。 歯槽頂幅は、5.5mmでしたので、スプリットコントロールで極力保存しましたが、唇側の骨がやや薄くなりましたので、骨膜下に補てん剤を少量ノーメンブレンで留置しました。 骨形態が陥凹していましたので、減張切開なしで済ませられました。 プラットフォーム径が4.1mmでインターナルコネクションですから、カバースクリューも高さがなく、やはりすっごく楽ですね。 どうして、ボーンフィットが出てから15年もかかってしまったのでしょうかね。 もっと早く出してほしかったなあ。 IMG_6294004 骨縁にプラットフフォームがピシッと揃うとそれだけで安心です。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら