左下にストローマンのボー

左下にストローマンのボーンレベルRC4.8mm埋入しました。

今日のインプラントのオペは、左下の7番部位にストローマン社のボーンレベルインプラントを1本埋入しました。

この方は、10年前に上顎中切歯にストローマンのティッシュレベルインプラントを入れていて、3年前に右上の5番部位にやはりストローマンのボーンレベルを入れていますので、今回は3回目のインプラントオペでした。

補綴物をインプラント周囲炎から予防して力学的な観点からも、長持ちさせるためには、インプラントの埋め込みのポジションがとても大事です。

手術は、時に問題なく20分ほどで終了しましたが、術後はCTのプランニング通りのポジションに入っていると思われます。

DSC_7747

 

 

 

 

 

 

2.2mmのパイロットドリルの形成後にポジションと方向を確認します。

この段階が一番大切になります。

 

DSC_7751

 

 

 

 

 

 

4.1mmのドリリングを終了して、インプラント体が埋入されたところです。

 

DSC_7755

 

 

 

 

 

 

術後の状態です。

ヒーリングキャップが入って、1回法でのオペが完了したところです。

 

中渡CTplanning

 

 

 

 

 

 

術前のプランニングです。

 

中渡_柔20150225_15606

 

 

 

 

左下にボーンレベルRC4.8mmΦ×8mmのインプラントが入りました。

右下の7番部位も3週間後くらいに同じように埋入予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556