ストローマンボーンレベル4.8mmΦ×10mm埋入

オペログ インプラント症例集

2015/02/17 ストローマンボーンレベル4.8mmΦ×10mm埋入


   今日の午前中のオペは、右下6番部位にワイド径のボーンレベル10mmをシングルスタンドで埋入しました。

抜歯から8週間での埋入は、抜歯早期埋入といって当医院では最も多く用いる手法です。

もし、骨の欠損があったとしても、歯茎が完全に治癒しているので人工骨を補てんしたり、結合組織を移植したりリカバリーが容易です。

しかも、ワイド径のSLActiveを使用して、35Nの埋入トルクも出ているので、ほぼ4週間で補綴へ移行できます。

つまり、抜歯から3.5か月後には、治療が終わってしまいます。

DSC_7498

 

 

 

 

 

 

2.8mmツイストドリルで方向と深度の確認作業を行っています。

 

DSC_7501

 

 

 

 

 

 

使用するインプラントは、世界ナンバーワンシェアのスイス製ストローマンインプラントの新製品SLActiveです!

 

DSC_7503

 

 

 

 

 

 

超親水性の表面性状のため、血液が勝手に上がってきます。

 

山田_祇20150217_15473

 

 

 

 

術後のレントゲンです。オペ時間はゆっくり行って17分ちょうどでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら