下顎6,7番部位にストローマンSLActive2本平行に埋入しました。

オペログ インプラント症例集

2015/02/10 下顎6,7番部位にストローマンSLActive2本平行に埋入しました。


   今日のオペは、下顎の6、7番の遊離端欠損で、インプラントでなければ取り外し式の部分義歯を入れなくてはならないケースなので、インプラントの利点が最大限に発揮されます。

2本のストローマン社製ボーンレベルインプラントのSLActiveを使用しました。

サイズは、直径4.1Φのレギュラーで、長さは8mmと10mmです。

埋め込む場所は、すでに抜歯されてから年数が経過している、いわゆる成熟部位(mature site)です。

初期固定も35N以上で、良好でしたので4週間後に型取りをしてセラミックの歯を装着します。

 

higuti

 

 

 

 

 

 

治療前のCTの画像上でプランニングをします。

DSC_7340

 

 

 

 

 

 

アライメントピンを使いながら、できるだけ平行に入るようにしていきます。

DSC_7344

 

 

 

 

 

 

インプラントの埋入が終了した状態です。全く痛みを感じることなく25分程度で終わりました。

 

樋口_祇20150210_15390

 

 

 

 

 

オペ後のレントゲンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら