ストローマンインプラントの第一大臼歯部位へ埋入

オペログ インプラント症例集

2014/10/04 ストローマンインプラントの第一大臼歯部位へ埋入


右下の6番部位に、ストローマンボーンレベル4.8Φ10mmを1本埋入しました。

付着歯肉も充分に存在していて、特に問題なくインプラントが適応となるケースです。

ただ、骨の高さが舌側遠心へかけて傾斜していることがCTにて確認できています。

オペ時間は、約15分で終了し、術後の腫れや痛みも全くありませんでした。

DSC_3255

 

 

 

 

 

 

術前の所見です。

DSC_3260

 

 

 

 

 

 

ストローマンボーンレベルのワイド径10mmの埋入ですが、近心の骨が高く遠心側のフィクスチャーが少しだけ露しているのがわかります。

 

DSC_3262

 

 

 

 

 

 

近心の骨を削除して遠心へ移植します。

渕_農20140911_13010

 

 

 

 

 

ほぼ理想的な位置に埋入できています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら