抜歯窩へのスプラインHA

抜歯窩へのスプラインHAインプラント埋入

   右下の7番が歯根破折で放置されたために、抜歯後も埋入部位の歯槽骨の陥凹が見られます。

適正な位置にスプラインHAインプラントの5mmΦ×10mmを埋入すると同時に、近心歯槽頂から余分な骨を採取して周囲の欠損部へボーンチップとして填入しました。初期固定も大丈夫でしたし完全閉鎖することもできたので、3か月ほどで2時オペをして、4か月で補綴物の装着が可能と思います。

この患者様も、当医院でのインプラントは3回目のリピーターですので、安心して手術を任せていただきました。

taninaka CT

 

 

 

 

 

 

右下の第2大臼歯が、歯根の破折のために、周囲の骨が溶けています。

DSC_2945

 

 

 

 

 

 

周囲の余分な骨を集めて使用します。

DSC_2948

 

 

 

 

 

 

右下第2大臼歯の周辺の足りないところへ、ご自分の骨を補います。

谷中_雲20140819_12733

 

 

 

 

手術後のレントゲンですが、ほぼ理想的な位置に埋入ができています。

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556