上顎5,6,7部位の抜歯

上顎5,6,7部位の抜歯早期サイナスリフト同時スプラインHA埋入コンプレックスケース

一昨日のオペになりますが、上顎の5,6,7部位にスプラインHAを3本埋入しました。 重度歯周病で抜歯となりましたので、歯槽骨がほとんど欠損していて、上顎洞底までの距離も1~3mmでほとんど既存骨がない状態でした。 さすがにソケットリフトでは、予知性が得られないので、ラテラルウィンドウを開窓してBio-oss を補てん材としたサイナスリフトと同時にバイオインテグレーションタイプのHAコーティングのインプラントをしようしました。 また、静脈血から生成したCGF(concentrated growth factor)をシュナイダー膜と骨補てん材との間に挿入しました。 フィクスチャーの洞内落ち込み防止のためのワイド径のヒーリングアバットを装着したうえで、ハンドドライバーで挿入しました。 005 ピエゾサージェリーでウインドウを形成し、シュナイダー膜を挙上したところです。 007 CGFを膜状にしてシュナイダー膜に貼り合わせる感じで挿入します。 010 Bio-ossを骨補てん材として使用しました。 011 はずした骨ウィンドウを元に戻して完全埋入縫合します。 P1 術前のパノラマですが、右上5,6,7番部位はいわゆるP4の状態です。 もっと早い時期での再生療法は抜歯がなされるべきです。 P インプラント埋入後のパノラマです。 IMG_7764 術前のクロスCT画像ですが、歯槽頂のほとんど骨がありません。

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

症例集(オペログ)の最新記事

日付:   カテゴリ:症例集(オペログ)

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556