ストローマンティッシュレベルの下顎臼歯部埋入

オペログ インプラント症例集

2011/04/06 ストローマンティッシュレベルの下顎臼歯部埋入


今日のオペは、下顎両側臼歯部欠損に対して、4,6番部位へ2本のストローマンティッシュレベルの埋入オペです。 CTクロスセクショナル画像で、6番部位の下顎管までの距離が少ないことがわかっていましたので、舌側壁を使用してRN3.3Φ8mmを埋入しました。 4番部位は、何も問題ありませんでしたので、RN4.1Φ12mmを埋入しました。 6番部位は、ドリリング深度の関係から、ティッシュレベル本来の埋入深度としています。 ストローマンインプラントシステムは、先月からボーンレベルインプラントが日本でも発売されるようになりバリエーションがさらに充実しましたので、臨床のほとんどのケースへ対応可能となっています。 対合は総義歯ですので、3.3Φ8mmで大丈夫と判断しています。 DSC_8233 ティッシュレベルを本来の深度で埋入します。 IMG_7939 IMG_7938 P2 埋入後のパノラマです。 2週間後に左側の同部位へインプラント予定です。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら