ストローマンティッシュレベルインプラントの下顎成熟側埋入

オペログ インプラント症例集

2011/03/25 ストローマンティッシュレベルインプラントの下顎成熟側埋入


今日は、久しぶりに下顎遊離端の成熟側へのインプラント埋入でした。 使用したのは、ストローマンティッシュレベルインプラントのRN10mSTと10mmTEです。 歯槽形態は普通で、粘膜も問題ありませんでした。 チャレンジは、以下に平行に埋入深度をきちんととるかということでした。 ところが、歯槽骨内に骨硬化部があり、7番部位のドリルがすすみませんでしたので、ここは10mmの予定を変更して8mmとしました。 無理してドリリングすることにより、火傷を引き起こす場合がありますので、要注意です。 結果としては、問題なく初期固定も35N以上取れましたので、8週にて補綴が可能です。 DSC_8094 術前の埋入部位です。成熟側です。 DSC_8098 インプラント埋入時の所見です。 DSC_8101 ほぼ並行に埋入されています。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら