右上臼歯部クレスタルアプローチでBLインプラント埋入

オールオンフォー


   上顎右側臼歯部の4,6番部位に2本のストローマンBLインプラントを埋入しました。

6番部位は、既存骨の厚みが4mm程度で従来の基準では、インプラント埋入と同時の骨造成の適応症ではありませんが、今までの経験で初期固定ができれば全く問題なく成功します。

ウィンドウを開いて、サイナスリフトを行い、5か月待ってインプラント埋入という患者様にも負担の多い方法ではなく、インプラントと同時に歯槽頂からソケットリフトで骨造成できればそれに越したことはありません。

このケースも、β-TCPの顆粒を補てん材に使用して、きっちりと初期固定を得て、埋入しました。

ストローマンのSLActiveですので、4か月後には、オステル値を測定して補綴に入ることができるはずです。

これも、以前の表面性状では考えられなかったスピード感ですね。

インプラント歯科もいい時代になったものです。

 

DSC_2149

 

 

 

 

 

 

術前の上顎右側臼歯部ですが、1本も歯がありません。

 

DSC_2151

 

 

 

 

 

 

6番部位は、4mmまでのドリリングです。

 

DSC_2152

 

 

 

 

 

 

補てん材を使用します。

 

DSC_2155

 

 

 

 

 

 

ソケットリフトで埋入窩を形成。

 

DSC_2156

 

 

 

 

 

 

ボーンレベルインプラントの4.8mmを使用します。

もちろん、表面性状はSLActiveです。

 

蓑毛_祇20161122_24370

 

 

 

 

 

術後のレントゲンです。きっちりとシュナイダー膜が持ちあがっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら