右上臼歯部クレスタルアプ

右上臼歯部クレスタルアプローチでBLインプラント埋入

   上顎右側臼歯部の4,6番部位に2本のストローマンBLインプラントを埋入しました。

6番部位は、既存骨の厚みが4mm程度で従来の基準では、インプラント埋入と同時の骨造成の適応症ではありませんが、今までの経験で初期固定ができれば全く問題なく成功します。

ウィンドウを開いて、サイナスリフトを行い、5か月待ってインプラント埋入という患者様にも負担の多い方法ではなく、インプラントと同時に歯槽頂からソケットリフトで骨造成できればそれに越したことはありません。

このケースも、β-TCPの顆粒を補てん材に使用して、きっちりと初期固定を得て、埋入しました。

ストローマンのSLActiveですので、4か月後には、オステル値を測定して補綴に入ることができるはずです。

これも、以前の表面性状では考えられなかったスピード感ですね。

インプラント歯科もいい時代になったものです。

 

DSC_2149

 

 

 

 

 

 

術前の上顎右側臼歯部ですが、1本も歯がありません。

 

DSC_2151

 

 

 

 

 

 

6番部位は、4mmまでのドリリングです。

 

DSC_2152

 

 

 

 

 

 

補てん材を使用します。

 

DSC_2155

 

 

 

 

 

 

ソケットリフトで埋入窩を形成。

 

DSC_2156

 

 

 

 

 

 

ボーンレベルインプラントの4.8mmを使用します。

もちろん、表面性状はSLActiveです。

 

蓑毛_祇20161122_24370

 

 

 

 

 

術後のレントゲンです。きっちりとシュナイダー膜が持ちあがっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療実績多数|インプラントセンター福岡

未分類の最新記事

日付:   カテゴリ:未分類

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F
診療時間 10:00~19:00
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556