骨が足りない場合

骨が足りない場合

あなたの骨(歯槽骨)を再生する方法

インプラントというのはこれまで申し上げたとおり、骨(歯槽骨)に埋め込みます。

ということは、インプラントがきちんと埋まるだけの骨の高さと厚みがなければインプラントが飛び出てしまい、インプラントをすることはできないのです。


そして、歯が抜けてしまった場所は患者様の年齢が高くなるほど、骨(歯槽骨)の高さが低くなり、厚みもなくなっていることが多いのです。ですから、インプラントをすることが年齢を重ねるに連れて難しくなるのは年齢的な問題というよりは実はこの骨(歯槽骨)の高さと厚みがなくなってしまいインプラントを埋めることが出来ないという問題なのです。

「私は歯周病で歯が無くなってしまったからインプラントできないんじゃないか?」

「骨(歯槽骨)がない人でも、何とかインプラントをやる方法はないの?」

やはり、このような問題・悩みを抱えている方が多く、その問題を解決するための方法がいくつも開発されました。無くなってしまった骨(歯槽骨)をインプラントを埋めることができるだけ再生し、そこにインプラントを埋め込むということです。原理は簡単なのですが、それを実行するのはなかなか難しいのです。

GBR法による、骨の厚みが足りない場合の治療方法

歯を失ってから2ヶ月が過ぎると、歯茎がやせて細ってきます。

歯茎がやせ細っていんプラントを埋入すると、インプラントが骨から露出する場合があります。

GBR法による、骨の厚みが足りない場合の治療方法の図

GBR法による、骨の高さが足りない場合の治療方法

骨の高さが足りない時は増やす骨の量があまり多くない場合にはインプラントを埋め込む際に同時にGBRを行います。

しかし、増やす骨の量が多い場合には、インプラントの手術を行う前にGBRを行って骨を増やしてからインプラントの手術を行います。

ソケットリフト法による、上顎の骨の高さが不足している場合の治療方法

上顎の上には上顎洞という空洞があり、その空洞と歯を支えている骨(歯槽骨)の距離はとても短いのです。

そして、上顎の奥歯が抜けると、それまで歯と結合することによって高さを保っていた骨(歯槽骨)が吸収されていってしまうことによって、上顎洞までの骨の高さが不足して、インプラントを埋め込むことができなくなってしまいます。

ここまで、骨が不足するとGBR法では対応できず、入れ歯にならざるを得ませんでした。


しかし、インプラントを入れたい場所から、上顎洞に向け、人工の骨を入れることで上顎洞までの骨の高さを増やし、そこにインプラントを埋入する方法が開発されたのです。

GBR法による、骨の高さが足りない場合の治療方法

サイナスリフトはソケットリフトと用途は同じですが、確実性が高く、より高さを確保できる方法です。

ソケットリフトの場合は時間的、精神的、肉体的にも負担は少ないですが、実際にはシュナイダー膜を目で見ずに感覚で手術を行わなければいけません。


それに対して、サイナスリフトはしっかりと肉眼でシュナイダー膜を確認しながら手術を行うことができるので、確実性が高い方法と考えることもできるのです。また、ソケットリフトでは高さを確保できるのが3mm.程度とも言われており、サイナスリフトのほうが高さを確保できるという点も優れている点です。


サイナスリフトの欠点としては治療期間が6ヶ月から1年と長期間、かかってしまうことと、手術が大掛かりということです。

スプリットクレスト法による、歯茎の幅がインプラントの径より狭い場合の治療方法

ディストラクション法による、歯槽骨の高さを揃える場合の治療方法

歯が抜けた後時間が経つと、歯槽骨が吸収されてしまい、インプラントを埋め込むための骨の高さが不十分な状態になってしまいます。

吸収された歯槽骨の高さを揃えるために開発されたのがディストラクションインプラントです。これは骨の高さを垂直に動かすことができ、歯槽骨内に挿入した後、徐々に骨の全長を延ばし、望まれる高さまで歯槽骨を移動させることができます。

ディストラクション法による、歯槽骨の高さを揃える場合の治療方法

歯を失うことで、歯槽骨の吸収がおこり、インプラントを埋入する十分なサイズが足りない場合があります。

骨移植とは、インプラントを埋め込むときに骨が薄いことによりインプラントが露出してしまうケースや、手術前に骨が薄い(高さがない)ケースにその骨の量を増大させる方法です。

インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら