審美インプラント
抜歯即時埋入と即時荷重

CASE #01
前歯を最高に美しく仕上げる

抜歯即時埋入と即時荷重の症例

歯根が折れてしまったために、左上の中切歯(向かって右側の前歯)を抜歯して同時に抜歯窩用のストローマンTEインプラントを埋入しました。 TEとは、Tapered Effectの略で、スレッドが1.8mmで切ってあるため、抜歯窩においても初期固定が取りやすいのです。 TEインプラントを埋入と同時にあらかじめ再作しておいた仮歯をスクリューで固定しました。

患者様には、仮歯の部分では噛まないように注意して過ごしていただき、インプラントと骨が結合するのを待って、セラミックの歯を製作していきます。

抜歯から、セラミックの歯が入るまでの期間は約3か月でしたので、抜歯から2か月待ってインプラントを埋入するスタンダードな抜歯待時インプラントにくらべると、たしかに1~2か月早く終了しますし、麻酔を使う手術の回数も1回で済みます。 ただし、抜歯即時インプラント、即時荷重に適した条件が必要ですのですべてのケースでお勧めできるとは限りませんが、ご希望の方はご相談ください。

抜歯即時埋入と即時荷重 症例写真

1. 抜歯

左上の中切歯が歯根の病変で抜歯となりました。

2. 埋入

ストローマンTEインプラントを抜歯即時で埋入します。

3. 仮歯装着

あらかじめ製作しておいた、仮歯を取り付けます。

4. 補綴物の製作

3か月後に、型取りしてセラミックの歯を製作します。

5. 補綴物を固定

セラミックの歯をスクリューで固定します。

6. 治療終了

治療後の状態です。歯ぐきも健康で審美性も高いです。

治療終了後のお写真

◆ 治療後のレントゲン写真
◆ 治療後13年後の写真

治療後13年が経過したところですが、健康に保たれています。

Clinic Information医院情報

■ 市営地下鉄1号線 大濠公園駅 1分

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F
ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

日/祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -