3つの方法

3つの方法

失ってしまった歯の機能を回復させる方法は大きく分けて3つしかありません。
ここでは、見やすく、分り易くするために、それぞれの長所と短所を同列に扱っておりますが、ブリッジと部分入れ歯が周辺の歯に悪影響を与え、最終的にその歯を抜かざるを得ない状況に追い込んでしまう可能性が高いということをよくご理解ください。

1.ブリッジ法


補う部分の両隣の歯を削り、横につながっている人工の歯をかぶせます。
材質によっては安価で済み、違和感もないでですが、健康な歯でも支えとなるために削らないといけません。削った際に歯の神経を傷つけて、神経を取らなければいけない場合もあります。

ブリッジ法のメリット
  • 固定式のために、ほとんど違和感がない
  • 保険が適用される材質もあり、その場合は負担金1万円程度で治療できる
  • 保険が適用されない材質を選べば、見た目も自分の歯のようにキレイに美しくすることができる
  • 1ヶ月程度と短期間で治療できる
ブリッジ法のデメリット
  • 隣の歯が健康な歯であっても、削らなければいけない・隣の歯で失った歯を支えているので、隣の歯に大きな負担がかかり、将来的に歯を失う原因となる場合がある
  • 抜けた歯の骨が溶けてしまい、後でインプラントができなくなる可能性がある
  • ブリッジと歯ぐきの間に食べ物のカスが詰まり、口の中が不衛生になりやすい衛生的にするために、歯間ブラシでブリッジと歯ぐきの間を毎回、丁寧に掃除する必要がある
  • しっかりとした歯が両側にないと治療できない、つまり、一番奥の歯を失ってしまった場合はブリッジに出来ない
  • 多くの歯を失ってしまうとブリッジでは対応できない

2.部分入れ歯


費用はブリッジと同じぐらいで、ブリッジのように隣の健康な歯を大きく削る必要はありませんが、隣の歯にバネをかけるので、隣の歯に大きな負担がかかり、将来的に歯を失う原因となる可能性が高くなります。
また、バネが見えてしまい、見た目が良くないという欠点もあります。

ブリッジ法のメリット
  • 保険が適用される材質もあり、保険を適用すると自己負担金1万円ぐらいで治療できる
  • 1ヶ月程度と短期間で治療ができる
  • ブリッジのように隣の歯を大きく削る必要はない
ブリッジ法のデメリット
  • 隣の歯にバネをかけるので、隣の歯に大きな負担がかかり、将来的に歯を失う原因となる可能性が高い
  • 顎の骨が1年に1mm程度の割合で溶けていってしまい、後でインプラントができなくなる可能性がある
  • バネが見えてしまい、見た目が良くない
  • 咬む力が自分の歯に比べて30%程度になってしまう・咬み心地が悪く、硬いものを食べにくい場合が多い・取り外し式なのでガタつきがあり違和感を感じる
  • 食事の際に味覚や食感が損なわれる
  • 咀嚼効率が悪く、自分の歯に比べて2分の1から3分の1程度に落ちてしまう

3.インプラント


インプラントは保険が効かず、高額の上、治療に時間がかかることがありますが、顎の骨に植え込むので咬む力は天然の歯と同じように骨に伝わります、また、周辺の歯にバネをかけることもないので、周辺の歯に悪影響を及ぼすこともありません

ブリッジ法のメリット
  • 隣の歯への影響は全くない
  • 顎の骨が溶けるのを防げる効果がある
  • 自分の歯と同じようでキレイで美しい
  • チタン製のインプラントが顎の骨と結合するので、自分の歯のように違和感なく咬むことができる
  • 自分の歯と同じように毎日の歯ブラシと3ヶ月に1回程度のメインテナンスを受けていれば大丈夫ただし、自分の歯よりも、歯周炎になりやすいので歯磨きとメインテナンスを怠ると問題が起きやすい
ブリッジ法のデメリット
  • 保険適用が適用されないため、1本の治療に30万円以上と費用が高額(医療費控除は受けられます)
  • 上顎の場合:4~5ヶ月程度、下顎の場合:3~4ヶ月程度と治療の期間がかかる
  • 歯槽骨を削るので、稀に後遺症が残ることがある
  • 糖尿病などの全身疾患がある場合には治療できない場合がある
  • 自分の歯よりも歯周炎になるリスクが高いのでお口の中の管理とメンテナンスが重要になる
インプラントを考え始めたら・・・
月に3名限定無料カウンセリングへのお申込みはこちら
お電話でのお問い合わせ・ご予約は0120-390-666
無料メール相談はこちら