インプラントを
オススメするケース

インプラントをお勧めするケース

インプラントは多くの要望に応えることが出来るものですが、以下のような要望や悩みをもたれてる方には特にインプラントはオススメです。

1.「入れ歯をするのはいやだ!」という方

  • 「入れ歯を取り外して清掃するのがわずらわしい!」
  •   
  • 「入れ歯のバネが気になる」
  •   
  • 「嘔吐反射が強い」
  •   
  • 「入れ歯だと、固いものが噛めない」
  • 抜けた歯を補う治療法は部分入れ歯・ブリッジ・インプラント治療があります。
    ブリッジでは両隣に支えとなる歯がなかったり、失ってしまった歯の本数が多いという理由で、支えられない場合があります。

    例:一番奥の歯の欠損を、部分入れ歯にした場合

    治療前

    このような場合は部分入れ歯かインプラントのどちらかになってしまいます。ここで部分入れ歯の施術を行うと・・・

    治療後

    入れ歯のバネをかけられてしまった歯には過度な負担がかかり、最終的には抜けてしまいます。そして、入れ歯はどんどん範囲を拡大し、総入れ歯の道を歩み始めてしまうのです。

    その他、入れ歯によって生じるデメリット
  • 入れ歯を取り外して清掃するのが煩わしい
  •   
  • 嘔吐反射が強い方は長時間の装着が困難
  •   
  • 入れ歯のバネが気になる
  •   
  • 固いものが噛めず食事を楽しめない
  • ※このようになりたくないという方には、インプラントがおすすめです。

    2.職業柄、発声や審美が気になる方

    職業上、歯を失うことで大きな損失がある方もいらしゃるかと思います。
    人前で話す機会の多い方(特に講演をされる方、経営幹部の方)や声を使った職業では、入れ歯やブリッジでも支障をきたす可能性がありますし、審美を気にする職業の場合でも、まったく支障が無いとは言えません。

    そういった職業の方にはインプラントが最適だと言えるでしょう。

    3.ブリッジで両隣の健康な歯を削りたくない方


    ブリッジ治療

    ブリッジの土台にするために虫歯がなくても両隣の健康な歯を削らなければいけません。

    神経を抜かなくてはいけない場合もあります。神経を抜いた歯は枯れ木と同じような状態になってしまい、長く使っているうちに歯の根が割れてしまうことがあります。
    歯を失ってしまうリスクは格段に高くなるのです。

    インプラント治療

    右の写真のようなボルトを直接埋めこむので、隣の歯を傷つけることなく失ってしまった歯と同じ機能を回復することができるのです。

    インプラントは素晴らしい治療方法ではありますが、リスクもあります。

    KNOWLEDGEインプラントの基礎知識

    Clinic Information医院情報

    ■ 市営地下鉄1号線 大濠公園駅 1分

    福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F
    ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

    日/祝
    9:00 - 13:00 -
    14:00 - 18:00 -